韓国政府は2月19日、新型コロナウイルスによる肺炎の集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者について、韓国人以外は下船後も韓国への入国を拒否する方針を示し、日本政府に乗船者の名簿の提供を求めていることを明らかにした。

 韓国政府は入国拒否について感染拡大の防止が目的だとしており、日本政府からの名簿の提供が前提となるとみられる。韓国保健福祉省関係者は、外国人の場合は入国しないよう「まず要請する」と説明。乗船者のうち韓国人については防疫手続きに沿って入国を認める。

関連記事