北海道は2月19日、新たに道南部の渡島総合振興局管内に住む日本国籍の60代男性が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。感染症指定医療機関に入院しており、症状は安定しているという。道内の感染確認は4人目。道は同日に対策本部会議を開く。

⇒道内5人目の感染者

⇒道内3人目の感染者は札幌市の40代会社員

 18日には道内3人目となる札幌市の40代男性会社員の感染を確認。少なくとも症状が出るまでの2週間前から市外に出ていなかった。市は、男性の行動歴、医療機関や調剤薬局での濃厚接触者を調査しており、市中感染の可能性があるとみている。

関連記事