新型コロナウイルスの感染拡大を受け福井県が設置した警戒本部の初会議=2月18日、福井県庁

 新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、福井県内で2月18日までに、3人が感染の有無を調べる遺伝子検査を受け、いずれも陰性だった。県議会全員協議会で県の担当者が報告した。県は感染拡大を受け、警戒本部を18日に設置し、県庁で初会議を開いた。

 県保健予防課によると、福井市保健所と各県健康福祉センターに設置した電話相談窓口には1月30日~2月17日に計371件の相談があった。57件は発熱やせきなどの症状がある人からの相談で、うち3人が検査を受けた。

 県は検査を受けた人の詳細について、陰性だったため公表していないが「国の基準や医師の判断に沿って検査を行った」としている。担当者は「発熱が続いたり、強いだるさがあったりする場合は医療機関を受診する前に必ず保健所に連絡してほしい」と呼び掛けている。

 警戒本部会議には窪田裕行健康福祉部長ら約30人が出席。国が公表した受診の目安の説明や、相談窓口について休日や夜間は携帯電話番号を流し24時間対応ができるようにしたとの報告があった。

■福井県内の問い合わせ先

福井市保健所保健予防室 電話 0776-33-5184    FAX 0776-33-5473
福井健康福祉センター(福井保健所) 電話   0776-36-3429    FAX 0776-34-7215
坂井健康福祉センター(坂井保健所) 電話   0776-73-0600    FAX 0776-73-0763
奥越健康福祉センター(奥越保健所) 電話   0779-66-2076    FAX 0779-65-8410
丹南健康福祉センター(丹南保健所) 電話   0778-51-0034    FAX 0778-51-7804
二州健康福祉センター(二州保健所) 電話   0770-22-3747    FAX 0770-24-1205
若狭健康福祉センター(若狭保健所) 電話   0770-52-1300    FAX 0770-52-1058

関連記事