福井県あわら市が製作したアニメ「ちはやふる番外編」((C)末次由紀/講談社・アニメ「ちはやふる」プロジェクト2019)

 福井県あわら市は、同市ゆかりの人気漫画「ちはやふる」にちなんだオリジナルミニアニメ「ちはやふる番外編!新に会いにあわらへいこっさ!」を製作し、動画投稿サイトユーチューブで配信を始めた。市内の観光名所13カ所が登場し今後、観光誘客などにも役立てる。

 5月の「2020インターナショナル小倉百人一首かるたフェスティバル」や23年の北陸新幹線県内開業を控え、市の魅力のPRにつなげようと製作。漫画の原作者、末次由紀さんやテレビアニメの製作委員会が監修した。

 動画は6分48秒。主人公の綾瀬千早と真島太一が、幼なじみの綿谷新に会うためあわら市を訪れたものの、なかなか会えず、北潟湖畔や金津創作の森美術館など市内の名所を巡りながら探すというストーリー。

 3頭身にデフォルメされた愛らしいキャラクターのバックに各地の風景が映し出され、新が、携帯電話越しに福井弁で2人にその魅力を伝えている。3人の声は、テレビアニメと同じ声優の瀬戸麻沙美さん、宮野真守さん、細谷佳正さんが務めた。

 インターネット上での配信に加え、同フェスティバルの特設コーナーや市内の観光案内所、出向宣伝先などでも流す予定。

関連記事