新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 和歌山県は2月18日、県内で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認し、県内の感染者が計12人になったと発表した。このうち30代男性は看護師で、感染者が相次ぐクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で災害派遣医療チーム(DMAT)として活動していた。

 県によると、他の感染者は、既に感染が分かっている済生会有田病院(同県湯浅町)の外科医の10代の息子で、症状はない。もう1人は、感染した有田病院の患者と同じ病室に入院していた60代男性。

 3人はいずれも入院している。30代と60代の男性2人の病状は安定しているという。

 これまでに県内では、有田病院に勤務する外科医や入院患者ら8人のほか、最近病院を訪れていない50代の無職男性の感染が確認されている。

関連記事