【ゆるパブ】おじさん必見、若者のLINE作法

スマートフォンの普及によって連絡手段がメールからLINEやFacebookなどのSNSへと変化しました。それに伴い、メールにはなかったSNS独特のマナーも生まれています。そこで、「SNSのマナー」をテーマに、20代と30代の若者16人が集まって、それぞれの「作法」について話し合ってみました。その議論の中で話題になったことをまとめてみました。これって共感できる?それとも局地ルール?

まず話題となったのは、SNSになったことで「連絡先を教える=自分のプライバシーも教える」になった点です。メールだと1対1でしか情報をやりとりできませんでした。しかし、FacebookやInstagramなどのSNSでは、タイムラインなどの投稿機能を利用して、不特定多数の人間に情報を送ることができます。投稿する内容には、親しい友人や家族には見られてもいいけど、会社の同僚には見られたくないなどの境界を引いている場合もあります。

例えば、

Facebookは私生活をあまり出しませんが、Instagramには友達や旅行の写真をあげたりすることです。だから無理やりSNSで連絡先を聞くと、知らない間に相手のプライバシーに無理やり踏み込む危険性があります。

また、LINEのスタンプについては,こんな指摘がありました。スタンプは「ありがとう」や「了解」などの定型のあいさつをするときによく利用されます。しかし、何度も送る挨拶などに同じスタンプを使い続けることで、知らない間に強い印象を与えている場合があります。例えば,40~50代のおじさんが,1種類の年齢に似合わない可愛いスタンプばかり使っていたとします。すると、若い部下の間で、使っているスタンプであだ名がつけられたりする可能性があります。若者は、複数種類のスタンプを送る相手や状況に応じて巧みに使い分けています。でも、これが出来ずにいつも同じスタンプを使っていると、使っているスタンプで余計な印象付けをされてしまいます。

さらに、仕事上の会話でスタンプを使う時のマナーでは、こんな指摘もありました。仕事上の会話では、業務の詳細などの長い文章が送られる場合があります。その時にスタンプだけで返すと、本当に文章を読んでいるのか相手に不信感を抱かせる可能性が高いです。SNSだとメールよりも気軽な分、より速くレスポンスをした方がいいと思われています。だから、簡単に送信できるスタンプを使ってしまいがちです。それでもスタンプだと「時間をかけて読みました」や「感情」が伝わりづらい…。スタンプを一つ送るよりも、「ありがとうございます」や「かしこまりました」などの文字で送った方が、仕事の上では相手に与える印象は確実にいいと思います。これは、SNSに慣れている若者に特に多く、目上の人間に対しての連絡時には気をつけた方がいいでしょう。
 

関連記事