山盛りのゴボウを頬張る男衆=2月17日、福井県越前市国中町の国中神社

 男衆が集まって山盛りのゴボウを食べる福井県越前市国中町の伝統行事で、300年以上続く「ごぼう講」が2月17日、国中神社で開かれた。

 ごぼう講の正式名は「惣田正月十七日講」。1705年、厳しい年貢による村人の流出を防ごうと、村の共有田「惣田」の米を貸し付ける講をつくり、結束を強めるために食事を囲んだのが始まりと伝わる。

 316回目、令和初のごぼう講には、地区45戸の男衆が紋付きはかま姿で社務所に集まった。神事に続き、「縁切り」にならないよう切らずにたたいて割いたゴボウが、おわんいっぱいに盛りつけて供された。高く盛られた5合のご飯や焼き豆腐、田の字に重ねられた大根など決められた料理も膳に並び、男衆が次々に口に運んだ。

⇒ゴボウ山盛り食べる!写真もっと

 今年の世話役「宿主」を務めた71歳の男性は「約50年前の父に続いての大役。地域のつながりを大事に守っていきたい」と話していた。

関連記事