2月17日午後3時時点の天気図(気象庁HPから)

 低気圧や強い寒気の影響で2月18日にかけ北日本から西日本で大雪になるとして、気象庁は17日、積雪や路面凍結による交通障害に警戒を呼び掛けた。西日本は太平洋側の平野部でも警報級の大雪となる恐れがある。福井地方気象台(17日午後5時発表)によると、福井県内の18日の天気予報は雪か雨で、夜は曇り。ところによって夕方まで雷を伴う見込み。同日午後6時までの24時間予想降雪量は多いところで嶺北が平地10センチ、山地40センチ、奥越50センチ。嶺南は平地10センチ、山地40センチ。

 気象庁によると、発達中の低気圧が日本海北部から北日本を経て18日夜に三陸沖に進む。東日本から西日本の上空約5500メートルに氷点下33度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる。

 18日午後6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い地域で北陸60センチ、近畿50センチ、東海と中国40センチ、北海道30センチ、四国25センチ、九州北部20センチ、九州南部10センチ。

 福井地方気象台によると18日の降水確率は嶺北が正午まで90%。正午から午後6時までが70%、午後6時から19日午前0時までが20%。嶺南は正午までが90%、正午~午後6時までが60%、午後6時から19日午前0時までが20%。朝の最低気温は福井市が1度、大野市-1度、敦賀市1度。

 また、北日本では18日夕方にかけ、北陸と九州北部では17日夜にかけ、雷を伴った非常に激しい風が吹き、北日本と北陸では18日にかけて海が大しけとなる。

 18日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は北海道23メートル(35メートル)、東北と北陸、九州北部20メートル(30メートル)。波の高さは北海道や東北、北陸6メートル、伊豆諸島や近畿、中国、九州北部5メートル。

関連記事