新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が拡大している問題で、厚生労働省は2月17日、風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続くか、強いだるさや息苦しさがある人は、全国の保健所に設けられた帰国者・接触者相談センターに相談するようにとの目安を公表した。

 軽症者が医療機関に殺到して診療機能が損なわれるのを防ぎながら、重症者を早期に見つけて治療につなげるのが狙い。

 公表した相談・受診の目安では、発熱などの風邪症状があれば学校や会社を休み、外出を控え、毎日体温を記録するよう求めた。

 高齢者のほか、糖尿病、心不全、呼吸器疾患といった持病がある人や透析患者、免疫抑制剤や抗がん剤を使っている人は重症化しやすいため、症状が2日程度続く場合には相談すべきだとした。小児は現時点で重症化しやすいとの報告はなく、目安どおりの対応を求めた。妊婦は念のため、早めに相談するよう助言した。

 いずれの場合も相談後、相談センターから薦められた医療機関を受診するよう求めた。

 ■厚生労働省の電話相談窓口

 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)=午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

関連記事