オールスター戦でダンクシュートを決めるチーム・レブロンのジェームズ=シカゴ(USA TODAY・ロイター=共同)

 オールスター戦を前に、亡くなったコービー・ブライアントさんを悼み、黙とうする選手たち=シカゴ(共同)

 【シカゴ共同】米プロバスケットボールNBAのオールスター戦は16日、シカゴで行われ、レブロン・ジェームズ(レーカーズ)が主将を務める「チーム・レブロン」とヤニス・アデトクンボ(バックス)が主将の「チーム・ヤニス」が対戦し、チーム・レブロンが157―155で逆転勝ちした。東西のカンファレンスで最多得票の2選手が主将を務め、それぞれが東西に関係なく選手を選んだ。

 今回は1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなった元スター選手のコービー・ブライアントさんを悼み、試合前に現役時代の背番号にちなみ8秒間黙とうした。

関連記事