大勢の観客が見守る中、厳かに奉納された能舞「式三番」=2月15日、福井県池田町水海の鵜甘神社

 福井県池田町水海に760年以上前から伝わるとされる国の重要無形民俗文化財「水海の田楽能舞」が2月15日、同町の鵜甘神社で奉納された。

 田楽は田植えなどの農耕のしぐさに笛や拍子を付けた庶民の舞とされ、能舞はかつての貴族のたしなみとされる。二つの芸能を同時に奉納する水海の田楽能舞は、鎌倉時代に大雪で同町に足止めとなった幕府執権の北条時頼が、田楽でもてなす村人に能舞を教え報いた故事に由来。教わった能舞の格式と地域の田楽を住民が守り継ぎ、毎年2月15日に奉納されている。

 太鼓の音を合図に始まった舞は、荒ぶる神々を鎮める「あまじゃんごこ」など田楽4番に続いて、天下太平を祈る「式三番」や鬼退治の武勇を描く「羅生門」など能舞5番が奉納された。

⇒水海の田楽能舞、写真もっと

 今年は週末開催で、暖冬と相まって多くの見物客が集まり、幽玄の舞に見入っていた。

関連記事