和歌山県湯浅町の済生会有田病院=2月14日午後

 和歌山県は2月15日、50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染した同県湯浅町の済生会有田病院で、外科で同僚の50代男性医師も新たに感染が確認されたと明らかにした。いずれも肺炎の症状があった。

 ⇒家族も感染

 ⇒【随時更新中】新型コロナウイルス関連ニュース

 有田病院の内科を受診した70代男性の感染も14日に発表されており、感染者は3人となった。男性は肺炎を発症し、別の病院で集中治療を受けている。体力の低下した人や高齢者など、リスクが高い患者の集まる病院に関連した感染者が相次ぎ見つかる事態となった。県は感染経路の調査や拡大防止策を進める。

 

 県は他に、内科を受診し、肺炎の症状が出ている患者の男性と70代女性の2人についても検査を実施。既に感染が判明していた外科医と濃厚接触したと思われる人からも検体を集め、確認を進めている。

 有田病院は外来診療や面会を取りやめる一方、1月18日から今月13日に受診した人や家族のための接触者外来を設置した。

 県によると、70代男性は1日に嘔吐(おうと)し、5日に発熱。近所の医療機関を経て6日に有田病院の内科を受診した。一方、先に感染が確認された外科医は1月31日に発熱し、6日からは勤務を休んでいた。内科を受診した患者と外科医らが濃厚接触したとの情報は得られていないという。

  ×  ×  ×

 済生会有田病院は当面の間、感染防止のため外来の診察を停止している。救急対応、薬の処方については医事課で相談を受け付けている。また1月18日~2月13日の間に同病院を利用した人を対象に、1階救急室で接触者外来を設置。接触者外来では新型コロナウイルス検査(PCR検査)を実施することはできないとしている。

関連記事