新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 千葉県は2月14日、新型コロナウイルスの感染が確認された県内の20代男性が発熱から肺炎と診断されて入院するまでの数日間、東京都内の勤務先まで電車で通勤していたと明らかにした。症状が出る前には外国人が出席する会議に2度参加していたといい、感染ルートを調べている。

 NTTデータによると、この男性は同社の協力会社の社員で、東京都港区にあるビルに勤務。保健所などが調べた結果、男性と同じ職場にいるなどした14人が濃厚接触者と特定された。14人は今のところ発熱などの症状は訴えていない。

 男性は13日に感染が確認され、千葉県内の感染症指定病院に入院中。発熱やせきの症状がある。

 県によると、男性は2日に37度台の熱が出た。県内の3カ所の医療機関を受診したが改善せず、10日に4カ所目の医療機関で肺炎と診断され、入院した。4日と7日は電車で通勤したという。県は利用した路線や時間帯は明らかにしていない。

 男性は会社で事務職をしており、1月19日~2月1日に2度、外国人が出席する会議に参加していた。中国湖北省からの出席者がいたかどうかは分かっていない。

千葉県の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口は以下の通り。

043-223-2640

対応時間:午前9時から午後5時まで(土曜、日曜、祝日を含む)

関連記事