「日本代表なんて無理だ」。筑波大3年時の1979年。メンバーに初選出され、腰が引けたという。三屋裕子にとって、当時世界屈指の実力を誇った女子日本代表は雲の上の存在。高いレベルに付いていく自信などなかった…

 
ここまで102文字 / 全文828文字

※fastプランの方は、プラン変更が必要となります。