福井県警福井署

 好意を寄せていた30代女性につきまとい行為を繰り返したなどとしてストーカー規制法違反などの疑いで逮捕、送検された小学校臨時講師の男(33)=福井県坂井市=が、福井市内の小学校の女子更衣室に侵入したとして建造物侵入の疑いで追送検されていたことが2月13日、分かった。福井区検は同日、同法違反などの罪で略式起訴、福井簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し即日納付された。

 起訴内容は2019年12月3日ごろ、小学校の女子更衣室に無施錠のドアから侵入。12月1日から25日ごろの間には、女性の交際相手の男性のマンションやベランダを撮影して見張り、12月8日ごろに無施錠の玄関から侵入した。12月24日ごろには郵便受けに避妊具1箱を投函したとされる。県警福井署は、更衣室侵入に加え、投函についてもストーカー規制法違反で追送検した。

 福井市教委学校教育課によると、臨時講師は19年末まで市内の小学校で勤め、20年1月から学校教育課で事務補助に従事していた。略式命令を受け氣谷達郎課長は「大変遺憾。今後詳細を確認し、処分については県教委の判断を仰ぐ」と話した。

関連記事