千葉県勝浦市内のホテルに入る中国・武漢からの帰国者=1月29日夜

 新型コロナウイルスの感染拡大により中国湖北省武漢市から政府のチャーター機第1便で帰国し、千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」に滞在している約170人の再検査が2月11日、始まった。検査結果は翌12日にも出る見通しで、陰性が確認できれば帰宅が可能となる。

 現地で対応に当たる内閣官房の担当者らによると、県の保健所などのスタッフがホテルの各部屋を回り、検体を採取。感染が判明してホテルを離れ、入院中の2人も検査し、国立感染症研究所などが分析する。

 ホテルの退出は一部の希望者が12日中、多くは13日となる見通し。

 チャーター機の第1便は1月29日に羽田空港に到着。政府は世界保健機関(WHO)の見解を踏まえ、12・5日間の経過観察期間を設けている。

関連記事