福井県議会議員の石川与三吉氏

 カラ出張を繰り返して政務活動費を不正に受け取っていた疑いが持たれている石川与三吉・福井県議会議員(89)=自民、敦賀市選挙区=は2月10日、議員辞職願を持参するとの連絡を県議会局にしたものの、県会に姿を見せず所属会派の総会を欠席した。関係者が明らかにした。石川氏側は今週中にも記者会見を行う意向を示している。

 石川氏は2013~16年度、塩浜工業(敦賀市)が施工していた県外のショッピングセンターや相撲部屋の新築工事などの現場計44カ所を視察したとし、旅費などとして政務活動費計282万800円を受け取っていた。報告書には現場の写真や担当者の名刺が添付されていた。しかし実際には、石川氏の求めで塩浜工業側から写真などの提供を受けて、行ったように偽装した疑惑が持たれている。

 石川氏は8日の県議会局の聞き取りに対し「全て実際に行っている」と疑惑を否定する一方で、その前後の福井新聞の取材には「(工事現場に)行っていない」と発言するなど話が二転三転している。

関連記事