百日咳、コンコンコンと激しくせき込んだ後、ヒューという笛を吹くような音(イラスト・小林孝文)

 百日咳は、コンコンコンと激しくせき込んだ後、ヒューという笛を吹くような音を立てて息を吸う症状が特徴の感染症です。生後半年までの赤ちゃんが感染すると、呼吸ができなくなる発作や肺炎、脳症などの合併症が起こりやすく、命にかかわることがあります。生後3カ月になったら、4種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)を接種して感染を予防しましょう。

 ■大人からうつることも

 赤ちゃんの百日咳は近年、ワクチンのおかげで減少してきましたが、効果が持続するのは接種後数年間で、幼児~成人になってからの感染が問題になっています。症状は軽いものの、がんこなせきが長引きます。軽症であっても感染力はあるので、赤ちゃんにうつしてしまう恐れがあります。

 ■ワクチンの追加接種を

 子どもや成人から赤ちゃんへ感染を防ぐため、日本小児科学会では就学前と小学校高学年で接種する2種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)の代わりに、百日咳を加えた3種混合ワクチンを勧めています(この2回のワクチン接種は任意接種で、自己負担になります)。赤ちゃんが生まれる予定があったり、生後まもない赤ちゃんがいたりする場合は3種混合ワクチンの接種をお勧めします。(木村学/福井県小児科医会)

関連記事