福井県観光連盟が制作した明智光秀のキャラクター

 戦国武将・明智光秀を主人公にした今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に合わせ、福井県観光連盟は、光秀ら福井ゆかりの戦国キャラクター5体を制作した。福井の知名度向上や誘客拡大につなげる狙いがあり、営利目的以外であれば県内企業や団体は無料で利用できる。

 5体は光秀、朝倉義景、柴田勝家、お市の方、織田信長。光秀は「頭脳明晰(めいせき)で教養深い」、お市の方は「戦国一の美女」など、各キャラにイメージの設定がある。

 学校法人の滋慶学園グループ(大阪市)との連携プロジェクトとして制作した。2019年夏に同法人が運営するデザイン専門学校7校の生徒141人からデザインを募り、2回の審査で決定した。

 「広く若者や女性、子どもたちに福井の魅力をPRしたい」として、県観光連盟のホームページなどで活用する。

 キャラ利用希望の問い合わせは同連盟=電話0776(23)3677。

関連記事