新型肺炎患者のため中国・武漢市内のホールに臨時に設置された病院=2月8日(新華社=共同)

 中国湖北省当局は2月9日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスによる死者が同省で81人増えたと発表した。中国本土の死者は803人となり、2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の世界全体の死者数774人を超えた。中国や各国は隔離や検疫による対策を急いだが、大規模な流行を防げず、封じ込めは難航している。

 感染者が集中している湖北省では死者が780人、感染者が2万7100人に達した。中国本土の合計は3万7千人近くとなった。

 同省武漢市では新型コロナウイルス感染で米国人が死亡、感染の疑いで日本人男性が死亡したことが確認されている。

関連記事