営業を停止した福井空港ボウル=2月6日、福井県坂井市春江町江留上錦

 福井県坂井市春江町江留上錦のボウリング場「福井空港ボウル」が、1月20日で営業を停止したことが分かった。帝国データバンク福井支店によると、運営会社のBMTS(ボミッツ)=坂井市=が、1月31日付で福井地裁に自己破産を申請、2月6日付で破産手続き開始決定を受けた。

 同支店によると、負債総額は1600万円。

 福井空港ボウルは1972年にオープン。国内がボウリングブームに沸く中、団体客や家族連れらが大勢訪れた。しかし、レジャーの多様化などの影響で、近年は客足が減少していた。2014年に同社が経営を引き継いだ。

 毎年、市民スポーツ祭や協会の大会で利用していた坂井市ボウリング協会の関係者は「市内の愛好家にとっては他のボウリング場が閉館していく中で生き残っていてくれてありがたかったが」と残念がった。今後の大会運営について「他の会場で代替できるか不透明。困惑している」と話した。

関連記事