「勝浦ホテル三日月」を近く視察する考えを表明した千葉県の森田健作知事

 千葉県の森田健作知事は2月6日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中国・武漢市からチャーター機で帰国した邦人が滞在している「勝浦ホテル三日月」(千葉県勝浦市)を近く視察する考えを表明した。厚生労働省などと調整し、7日にも現地を訪れる予定。

 森田知事は県庁での定例記者会見で「ホテル側は大変な英断をしてくれた。従業員の方の慰労もしたい」と述べた。

 一方、帰国者受け入れの影響で、勝浦市での観光客減少や、子どもへのいじめ被害を懸念し「国は風評被害や経済への影響にしっかり対応してほしい」と求めた。

 千葉県内では5日までに、無症状で感染が確認された人を含め、帰国邦人や外国籍の旅行者ら5人の感染が確認されている。
 

関連記事