東京工業大学2020出願倍率

 2020年大学入試の国公立大学2次試験の願書受け付けは2月5日に締め切られた。同日午後3時時点の集計では、東京工業大学の理学院(募集143人)には683人が出願し倍率は4.8倍。工学院(募集314人)は1273人が出願し4.1倍となっている。

⇒東京大学の出願倍率は

 情報理工学院(募集86人)は785人が出願し9.1倍と高倍率。物質理工学院(募集160人)は432人が出願し2.7倍となった。

⇒京都大学、大阪大学の出願倍率は

 生命理工学院の前期(募集105人)は2.3倍、後期(募集35人)は14.5倍。環境・社会理工学院(募集92人)は361人が出願し3.9倍となった。

⇒センター試験平均点、5年間の推移

 各学部の志願者数、倍率は以下の通り。募集人員、志願者数、倍率の順(5日午後3時時点の集計のため、今後増える可能性がある)。

⇒神戸大学、名古屋大学の倍率は

【東京工業大学】
理学院    前 143人  683人  4.8倍
工学院    前 314人 1273人  4.1倍
物質理工学院 前 160人  432人  2.7倍
情報理工学院 前  86人  785人  9.1倍
生命理工学院 前 105人  245人  2.3倍
生命理工学院 後  35人  509人 14.5倍
環境・社会理工学院 前 92人 361人 3.9倍

関連記事