脇本雄太

 日本自転車競技連盟は2月5日までに、東京五輪の代表選考に関わるトラック種目世界選手権(2月26日~3月1日、ドイツ)の日本代表選手を発表し、福井県立科学技術高校出身の脇本雄太(日本競輪選手会福井支部・ブリヂストン)を選んだ。短距離の日本選手は計5人選ばれ、出場権獲得が濃厚なケイリンで日本勢最高の成績を残せば五輪代表が確実になる。

⇒福井×東京2020 特設サイトはこちら

 短距離ではこのほか、五輪出場権を懸けてスプリントとチームスプリントを行う。5人をどの種目に割り振るかは今後決めるとしている。トラック種目で日本に開催国枠はない。

関連記事