防衛省が契約する民間フェリー「はくおう」=2月5日、神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地

 防衛省は2月5日、海上自衛隊横須賀基地(神奈川県)で、同省が契約する民間フェリー「はくおう」の船内を報道陣に公開した。新型コロナウイルスの肺炎拡大により、中国・武漢からチャーター機第4便以降で帰国する邦人らの一時滞在先となる可能性がある。

 個室94室のうち、24室に風呂・トイレが付いている。滞在は2週間程度に及ぶ可能性があり、公衆無線LANやタブレット端末を用意。マスクや消毒液の他、飲料やシーツなども運び込まれた。食事や生活用品は、個室の前に置かれたテーブルで受け渡す。

 チャーター機第4便は6日夜に羽田空港を出発し、7日午前に帰国する見通し。200人程度が搭乗するとみられる。

関連記事