「子育て戦隊 パパレンジャー」としてステージショーをするメンバー=2019年10月、福井県坂井市内

 父親の子育てや家事の有意義さを伝え“家庭進出”を支援する福井県坂井市の団体「おっとふぁーざー」が、NPO法人に認証された。2014年に県内の男性保育士を中心に結成し、戦隊風の衣装を着けた「子育て戦隊 パパレンジャー」となってショーを行ったり、父子イベントを開いたりして、父親の家庭参画を訴えてきた。メンバーは「活動の幅をさらに広げて、福井のパパは生き生きして楽しそう! と世界から注目されるような風土づくりに一役買いたい」と意気込んでいる。

 結成のきっかけは、保育士らメンバーが、子どもとの遊び方やお出かけ先に悩む父親の声を耳にしたこと。親しみやすいよう、愛知県豊田市の男性保育士の活動をまねて「子育て戦隊 パパレンジャー」に“変身”。お泊まり会や運動会、餅つき大会など親子活動を中心に、子どもとの触れ合い方を指南している。

 現在は、保育士や管理栄養士、看護師、障害児の生活支援員ら20~40代の男性17人が所属。これまでは財団の助成金などを利用してボランティアで運営してきたが、結成5年の節目を機に、行政や企業とのつながりを強くして活動をより充実させようとNPO法人化を決めた。

 代表の舘直宏さん(40)=あわら市=は「女性活躍推進によって母親たちが社会進出するなら、父親は家庭進出して家事や育児を担わなければ」と強調する。「今しか見られない子どものかわいい様子や、家族との時間を純粋に楽しめるお父さんが増えるようサポートしていきたい」

 2月には、親子クッキングイベントを坂井市内で開催予定。“名所”でのお泊まり会や、県内各地での産前のパパ教室なども積極的に開いていく。イベント情報はフェイスブックページ「NPO法人おっとふぁーざー」で確認できる。一緒に活動するメンバーや企業・団体、支援の寄付も募っている。

関連記事