中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 福井県は1月30日から、新型コロナウイルスによる肺炎の電話相談窓口を県内7カ所に設けている。保健師らが相談に応じる。受付時間は平日午前8時半~午後5時15分。

 電話相談窓口は次の通り。
 ▽福井市保健所=電話0776(33)5184
 ▽福井健康福祉センター=電話0776(36)3429
 ▽坂井健康福祉センター=電話0776(73)4858
 ▽奥越健康福祉センター=電話0779(66)2076
 ▽丹南健康福祉センター=電話0778(51)0034
 ▽二州健康福祉センター=電話0770(22)3747
 ▽若狭健康福祉センター=電話0770(52)1300

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、厚生労働省は2月6日、電話相談の窓口を7日午前9時から通話無料のフリーダイヤルに切り替えると発表した。
 電話番号 (0120)565653
 受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

■中小企業向け相談窓口も

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福井県は1月30日、中小企業・小規模事業者向けの資金繰りなどに関する経営相談窓口を開設した。

 経済産業省の要請を受け、県内では日本政策金融公庫福井支店と同武生支店、県信用保証協会、福井商工会議所など各会議所、県商工会連合会などが窓口を設置している。

 県産業政策課は「インバウンド(訪日外国人客)の団体キャンセルなどで、経営に影響が出る可能性もある。市町や経済団体と連携して対応したい」としている。

 問い合わせは同課=電話0776(20)0373。

関連記事