知的女子バスケチームの副主将として活躍する上嶋ちひろさん=福井県鯖江市

 会社員の傍ら、知的障害者の女子バスケットボールチーム「フクイサンダーズ」の副主将として活躍する福井県鯖江市の上嶋ちひろさん(20)。2018年に福井県内で開催された全国障害者スポーツ大会(障スポ)にも出場した。「障スポではたくさんの人から声援をもらった。聖火リレーで感謝を伝えたい」と本番を心待ちにする。

 昨年成人を迎えたこともあって「新しいことに挑戦したい。聖火ランナーはまたとないチャンス」と迷わず応募した。内定の連絡が来た際は、喜びと驚きで感情がぐちゃぐちゃになり、電話で何度も聞き返したという。

 体を動かすことが大好きなアクティブ女子。だが生まれたときは体重700グラム未満の超未熟児だった。父敏之さんは「元気に育ってくれたのが奇跡」と目を細める。「よく病気になったり、けがをしたりと両親にはたくさん迷惑を掛けた。元気に走る姿を見せて恩返しがしたい」とちひろさん。聖火に負けない熱い気持ちを胸に駆ける

関連記事