北京市内の病院の出入り口。発熱がある患者に窓口を案内する紙が張られていた=1月31日(共同)

 中国国家衛生健康委員会は2月1日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が2102人、死者が46人増えたと発表した。中国本土の感染者は1万1791人、死者は259人となった。中国の感染者は湖北省を中心に連日千数百人増加し、歯止めの兆しが見えない。

 北京市などでは延長した春節(旧正月)休暇が3日に明けるのに伴い、帰省する人のUターンラッシュが予想され、感染が一層拡大する恐れもある。

関連記事