中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 厚生労働省は1月31日、千葉県在住の20代女性が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。女性はガイドとして中国人のバスツアーに同乗。国内での患者確認は13例目。せきや鼻水の症状があった。

 厚労省によると、新たに感染が確認された女性は、ウイルスに感染し肺炎を発症した奈良県の運転手のバスに1月18日から22日にかけて乗っていた。

千葉県は専用電話相談窓口を設けている。電話番号は、

043-223-2640

対応時間は土曜、日曜、祝日を含む午前9時から午後5時まで。新型コロナウイルス関連肺炎に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応などについて受け付けている。

 厚生労働省も電話相談窓口を設けている。電話番号は、03-3595-2285。受付時間は午前9時~午後9時。

関連記事