中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 京都府は1月30日、中国・武漢市に渡航歴のある京都市在住の20代女性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は中国人留学生で、16日から22日まで武漢市に帰省していた。京都府での患者は初めて。

 府によると、女性は武漢市への帰省中、せきの症状がある人と接触したという。23日にせきが出始め、自宅で静養し、一度外出した際はマスクを着用していた。28日に38度台の熱があり、救急搬送されて武漢市の滞在歴を申告。症状が軽く、入院せずに帰宅した。

 府は30日夜、対策本部会議を開き、西脇隆俊知事は「態勢を一層強化し、全力で感染拡大の防止に取り組む必要がある」と述べた。

 新型コロナウイルス感染症に関する京都府の専用相談窓口の電話番号は075-414-4726(受付時間は平日8時30分から17時15分まで)

 また、京都市も31日午前8時45分から、専用電話相談窓口(土日祝を含む24時間)を設けている。電話番号は、075-222-3421

 厚生労働省も電話相談窓口の電話番号は、03-3595-2285

関連記事