日本政府のチャーター機第2便で中国・武漢から帰国した邦人を乗せ、荏原病院に到着した救急車=30日午前11時19分、東京都大田区

 中国湖北省武漢市から政府のチャーター機で帰国した邦人に無症状の新型コロナウイルス感染者が見つかったことを受け、政府は30日、新型肺炎対策を強化し、帰国直後の検査でウイルスが検出されず、陰性だった人でも最長2週間宿泊先に滞在するよう要請し、経過観察することを明らかにした。2週間後に改めて検査することも検討している。

 武漢からのチャーター機第2便で帰国した邦人210人のうち計26人にせきなどの症状があり、病院に入院した。このうち13人は検査で陰性だった。検査後に症状がない人は、東京都府中市の警察大学校と北区の西ケ原研修合同庁舎に滞在する。

関連記事