中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 厚生労働省は1月30日、新型コロナウイルス感染が急拡大した中国湖北省武漢市から、日本政府の全日空チャーター機第1便で29日帰国した邦人のうち、3人が検査で陽性となったと発表した。うち2人は症状が出ていなかった。一方、現地在住の邦人210人を乗せた第2便が30日、武漢から羽田空港に到着した。

⇒【話題】中国からの輸入品、感染リスクは?

 厚労省によると、症状がある1人は50代の男性で、発熱などがあり、国内9例目の感染者。無症状で新型コロナウイルスが確認されたのは国内で初めて。

関連記事