新型肺炎感染者が確認された都道府県は東京、北海道、神奈川、愛知、奈良の5都道県(2020年1月29日)。※30日には京都府、三重県でも感染者が確認されている。

 厚生労働省は1月28日、国内で新たに3例の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。1人は奈良県在住の60代日本人男性。バス運転手として中国湖北省武漢市からのツアー客を乗せたが、自身の滞在歴はなかった。厚労省はツアー客からうつったとみて感染経路を調べている。奈良県の60代日本人男性運転手は、大阪府内のバス会社に所属する社員で、中国・武漢のツアー客を乗せたバスは東京都、山梨県、奈良県などに立ち寄ったという。

 また、29日に開かれた奈良県の感染症対策本部会議で、知事は12日からの中国人のバスツアー客が成田空港と関西空港を利用し、奈良市の奈良公園に約1時間、立ち寄ったと説明した。

 県などによると、感染したのはバス運転手の60代男性で、1月8~11日、12~16日の2回、新型肺炎が発生した中国湖北省の武漢から来た団体旅行客を乗せた。

 県によると、奈良公園を訪れたのは16日。この日、運転手の男性は奈良県ではバスの外に出ていない。県はバス内での感染の可能性が高いとしている。荒井知事は会議で「感染が広がらないように万全を期したい」と話し、県民への感染予防徹底の呼び掛けや情報収集に努めるように指示した。

 県の担当者は奈良公園に立ち寄ったことを明かした理由について、会議後「不正確な情報で疑心暗鬼を生まないため」と説明した。

 男性は大阪府内のバス会社の社員。会社によると、東京都、山梨県、奈良県などに立ち寄った。他の社員には同様の症状は出ていない。乗客の他に中国の旅行会社に所属する乗務員2人が乗車。日本人は男性だけだった。

 奈良県は各保健所などに相談窓口を設置している。

 運転手の男性は8~11日に大阪から東京へ客31人を乗せ、12~16日には東京から大阪へ29人を乗せた。客は全員帰国した。男性は14日にせきなどの症状が出て、17日に奈良県内の医療機関を受診。25日に肺炎と診断された。症状は改善し重症ではないが、奈良県の医療機関に入院している。

 家族や、接触があった医療関係者に発熱などの症状を訴える人はいない。バスに乗っていたツアー客に、感染が判明した人はいなかった。

関連記事