チャーター機の派遣を記者団に発表する茂木敏充外相=1月28日午後、国会

 茂木敏充外相は1月28日、新型コロナウイルスの肺炎が発生した中国湖北省武漢に滞在する邦人を帰国させるため、チャーター機1機を同日夜に現地に向けて派遣すると記者団に明らかにした。約200人が29日に羽田空港に帰国する。政府は武漢で発生した新型コロナウイルスによる感染症を、感染症法に基づく「指定感染症」とすることを閣議決定。患者の強制的入院や、就業の制限などの対策が可能になる。

 茂木外相は、チャーター機には28日朝の時点で約650人が帰国を希望しており、別のチャーター機も手配する方向で調整していると明らかにした。

 厚労省によると、チャーター機には医師と看護師、検疫官が乗り込み、せきや熱などの症状が出ていないかを確かめる。連絡先も尋ね、帰国後2週間は健康状態に注意し、発症したら保健所に申告するよう求める。

関連記事