ベルギーの前国王アルベール2世、デルフィーヌ・ボエルさん(いずれもゲッティ=共同)

 【ブリュッセル共同】ベルギーの女性彫刻家デルフィーヌ・ボエルさん(51)が前国王アルベール2世(85)の隠し子だとして親子関係の認知を求めた「隠し子」訴訟で、両者のDNA鑑定から、前国王はボエルさんの父親と判明した。これを受けて前国王の弁護士が発表した声明で、前国王は自身が「生物学上の父親」と認めた。

 訴訟は前国王が王位を長男のフィリップ現国王に譲った2013年に開始。前国王は血縁関係を否認、DNAサンプルの提出も拒んだが、ブリュッセルの控訴裁から昨年5月、「罰金」として提出までボエルさんに1日5千ユーロ(約60万円)を支払うよう命じられた後、提出した。

関連記事