鳥取県は27日、米子児童相談所(同県米子市)の一時保護所で夜間指導員として勤務中、保護している女子高校生と女子中学生にキスをしたり、下着姿で対応したりしたとして、男性の特別非常勤職員(76)を解職にした。聞き取りに「励ますためだった」と説明しているという。

 県によると、職員は昨年7月と8月、夜に宿直室に相談に訪れた2人に対し、少なくとも2、3回は下着姿で対応し、3〜5回ハグをした。高校生には下着姿で唇にキスをしたこともあった。生徒は2人一緒だったり、それぞれ訪れたりしていた。

 職員は元教員で、2018年7月に米子児童相談所の特別非常勤職員に採用された。

関連記事