エッセイ集『役者ほど素敵な商売はない』発売記念トークイベントに出席した市村正親 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の市村正親(70)が27日、都内で自身のエッセイ集『役者ほど素敵な商売はない』発売記念トークイベントを開催。自身の人生を振り返る本の刊行に「幸せな人生だなと思っていますよ…。こんなに順調な人はいないのでは?」と言い「がんになっても治っちゃうし、膝をけがしても手術をして治っちゃうし、子どもも2人元気だし、妻(篠原涼子、46)は若くてきれいだし最高じゃないですか!」と少しのろけながら家族愛を語った。

【全身ショット】妻・篠原涼子、タイトなドレスで抜群のプロポーション披露

 最近は週刊誌で報じられた俳優・東出昌大との女優・唐田えりかの不倫騒動が世間を賑わしている。東出は妻で女優の杏との別居報道が出ており「夫婦円満の秘訣」を聞かれると「もう、ひとつです。男が我慢する」と即答。

 「逆らっちゃだめ!『でも…』というのもダメ。年上である僕の方が『そうだね、そうしよう』と。自分の方が引いた方がいいと思います。我慢じゃない、(夫婦関係を)うまく生かせる方法で、余計なことを言わないほうが」と持論を展開した。

 不倫は「僕はないですね~」と円満を強調。しかし、自身が30代のころはいろいろとやらかしたと明かした上で「男というのは、しようがない部分があると思いますが、平和に行きましょう」と世の男性に不倫はいけないことだと訴えた。

 そんな市村は、あす71歳の誕生日を迎え、すでに家族と一緒にパーティーをしたという。写真撮影時、報道陣から「もっと笑顔で!」「こちらにも笑顔お願いします」と指示が飛ぶと「みんな、ラフだね~」とイジり「おい、71(歳)だぞ! 71の笑顔って言われちゃったら、いろいろと…」とスマイルを欲しがる報道陣にツッコミを入れながら照れていた。

 同作は、今だからこそ話せる市村の真実を語ったもので、ファントム誕生秘話から劇団四季退団の真相、蜷川幸雄さんが繰り出す「ダメ出し」の意味、本田美奈子.さんとの絆など、演劇人生や出会った役者たちとのエピソードが描かれている。

関連記事