厚生労働省は26日、中国湖北省武漢市から旅行で日本を訪れた40代男性が新型コロナウイルスに感染し、肺炎を発症しているのを確認したと発表した。国内での確認は4例目。愛知県内の病院に入院し、発熱はあるが容体は安定しているという。

 厚労省によると、男性は22日に来日した。その際は症状がなかったが、23日から発熱があり、24日に愛知県内の医療機関を受診。肺炎が確認されたため入院した。検体を調べた結果、陽性と判定された。移動時にはマスクを着けていたという。

 中国内で肺炎患者との明確な接触は確認できていない。

関連記事