新型肺炎の感染拡大を封じ込めるため、運行を停止した中国・武漢の地下鉄駅構内=1月23日(共同)

 1月24日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは、新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市で、市の「封鎖」直前まで当局幹部が春節(旧正月)到来を祝うコンサートに出席するなど緊張感に欠けた対応に終始し、市民らの怒りを買っていると伝えた。

 19日には市内で、1万以上の家族を集めた当局主催とみられる春節前の宴会も開かれていた。中国の医療関係者は「感染拡大期にこのような宴会を開くのは基本的常識に欠ける」と批判した。

 今月、市の最高幹部が年次政策会議を開いた際にも、肺炎は議題になかった。市当局の初期対応については、感染状況を過小評価していたなどの指摘が出ており、市の顧問の1人は「(幹部)全員が過度に楽観的だった」と認めた。

 武漢の病院から患者急増の報告を受けた国家衛生健康委員会のグループが今月現地入りし、事態は当局発表よりも深刻と判明。グループは市の「封鎖」を提言したが、武漢当局に権限がなく、グループが北京に戻ってから習近平国家主席が決断したという。

 【春節】中国や中華圏などにおける旧暦の正月。時期は毎年異なるが、おおむね1月下旬から2月上旬。中国では1週間程度休みとなり、今年は1月24~30日。10月1日の国慶節(建国記念日)と並ぶ大型連休で、期間中や前後に帰省や旅行などで延べ30億人が移動するといわれる。日中関係の改善に伴い、日本が海外旅行先として人気が高い。横浜、神戸、長崎の中華街でも行事が催される。

関連記事