整備が進む東京五輪・パラリンピックの選手村=24日、東京・晴海

 東京五輪の開幕まで半年を切り、銀座から約2・5キロの晴海地区にある選手村では世界各国のアスリートを迎える準備が着々と進んでいる。五輪・パラリンピックで選手たちの生活拠点となった後、宿泊棟は同地区の大型再開発の「象徴」としてマンションに改修される。商業施設や学校も整備し、二酸化炭素を出さない水素エネルギーを活用する「環境先進都市のモデル」として生まれ変わる計画だ。

 約44ヘクタールの広大な埋め立て地に、昨年末に完成した21の宿泊棟が立ち並ぶ。選手村は東京タワーやレインボーブリッジを望む都心にあって、三方が海という“開放感”が売り。

関連記事