大学入試センター試験に臨む受験生=1月18日、東京・本郷の東京大学

 大学入試センターは1月24日、今年のセンター試験で科目間の得点調整はしないと発表した。平均点は24日時点の中間集計で次の通り。平均点の最終集計は2月6日に発表する。

⇒センターボーダー神戸大学2020

【国語】(200点)
国語    119・33点

【数学1】(100点)
数学Ⅰ・A  51・89点

⇒センターボーダー大阪大学2020

【数学2】(100点)
数学Ⅱ・B  49・05点

【外国語】(筆記200点、リスニング50点)
英語筆記  116・32点
英語リスニング28・79点

⇒センターボーダー東京大学2020

【地理歴史(100点)】
世界史B   62・96点
日本史B   65・45点
地理B    66・35点

【公民】(100点)
現代社会   57・30点
倫理     65・37点
政治・経済  53・75点
倫理、政経  66・51点

⇒センターボーダー12大学一覧

【理科1】(50点)
物理基礎   33・29点
化学基礎   28・20点
生物基礎   32・10点
地学基礎   27・04点

【理科2】(100点)
物理     60・69点
化学     54・80点
生物     57・56点
地学     39・52点

⇒センター試験2020数英国難化の影響

 対象となる地理歴史B科目や公民3科目間での平均点の差は20点未満だった。理科専門4科目では地学と物理で20点以上の差がついたが、地学の受験者が1万人に満たず、調整の対象から外れた。平均点の最終集計は2月6日に発表する。

関連記事