手荷物一時預かりサービスを始めた飲食店「Vesta(ベスタ)」=1月22日、福井県福井市中央1丁目

 福井県福井市のJR福井駅西口で石窯を使った本格ピザなどを提供する飲食店「Vesta(ベスタ)」は1月22日、観光客やビジネスマン向けにスマートフォンアプリを利用した手荷物一時預かりサービスを始めた。スマホアプリと連携したサービスは福井駅周辺ではなく、県内の飲食店でも初。

 同駅周辺には、スーツケースのような大きな手荷物を預けることができるコインロッカーは数が限られている。2023年春の北陸新幹線県内開業、駅西口再開発などを控え、手ぶら観光できるサービス提供により国内外からの旅行客、ビジネスマンをもてなす狙いがある。

 国土交通省が15年から推進する「手ぶら観光カウンター」に登録、認定ロゴマークが交付された。県内認定は8例目で、飲食店での一時預かりとしては初。

 利用方法は、荷物を預けたい人と、預けることができる店をつなぐスマホアプリ「エクボクローク」を利用する。完全予約制で、キャッシュレス決済による事前決済が必要となる。

 預かりサービスはベスタ1階で、午前11時~午後11時まで利用できる。月、火曜、年末年始は行っていない。バッグサイズで1日400円、スーツケースサイズで1日700円。最大で各5個まで預かる。1個あたり最大20万円までの賠償責任保険付き。

 ベスタの鈴木悟朗店長は「駅前には大きな荷物を預ける場所が少なく、新サービスにより気持ちよく旅行してもらえたら」と話している。

関連記事