スノーボードのビッグエア男子で優勝した木俣椋真=レザン(ゲッティ=共同)

 スノーボードのビッグエア女子で優勝した浅沼妃莉=レザン(ゲッティ=共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】原則15〜18歳が対象の第3回冬季ユース五輪最終日は22日、スイスのローザンヌなどで行われ、スノーボードのビッグエア男子決勝で、昨年の世界ジュニア選手権を制した17歳の木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)が195・00点で金メダルを獲得した。15歳の川上蒼斗(オールアルビレックス)が191・75点で銀メダルだった。

 女子は17歳の浅沼妃莉(ムラサキスポーツ北海道)が172・50点で金メダルに輝き、日本勢が男女で頂点に立った。

関連記事