ストーブに集まるボリビアリスザル=福井県鯖江市西山動物園

 福井県鯖江市西山動物園で、ボリビアリスザルが園舎内のストーブで暖を取る姿が人気を集めている。体を寄せて温まったり、うたた寝をしたりと愛くるしい姿を見せ、来園者が写真を撮るなど楽しんでいる。

 ボリビアリスザルは中米や南米に生息する小型のサルで、体重は1キロほど。寒さに弱く、同園では19年11月下旬にストーブを設置した。

 今シーズンは暖冬だが、サルにとっては厳しい寒さ。飼育員によると、子ザルが元気いっぱいに走り回っている一方、親ザルがよくストーブに集まっているという。餌を食べておなかいっぱいになった昼ごろによく見られる。

 同園で公開されているボリビアリスザルは8頭。ストーブは3月ごろまで設置される。

関連記事