日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が21日、東京都内で開かれ、出場機会に恵まれない選手の救済を目的とした現役ドラフト制度について議論した。出席者の一人は「今年の導入という方向で詰まってきた」と述べ、日本プロ野球選手会が要求する今季からの実施へ前進したとの認識を示した。

 22日に選手会との事務折衝が予定されており、NPB側が実行委で取りまとめた案を提示する。実施時期は夏場が有力。今季導入には開幕前の合意が必要という認識が共有されており、3月9日の実行委員会で最終決定できるかどうかが焦点となる。

関連記事