突風で倒壊した建物=20日午前、新潟県燕市

 19日夜から20日朝にかけ、新潟県燕市で突風が吹き、作業場や工場の車庫が全壊したり、住宅数戸でガラスが破損したりするなど、計約10の建物に被害が出た。燕・弥彦消防本部によると、けが人は確認されていない。新潟地方気象台が現地に職員を派遣し、調査を始めた。

 消防本部と気象台によると、被害は燕市の白山町と小高の両地区で確認。19日午後4時ごろから雷注意報が出ており、寒冷前線が通過した影響で大気が非常に不安定になり、活発な積乱雲が発生したことが原因とみられる。

 全壊した作業場の隣に住む中島勝昭さんは「目の前の作業場がつぶれており、びっくりした」と話した。

関連記事