福井県池田町立池田中2年の男子生徒=当時(14)=が2017年3月に自殺した問題で、業務上過失致死容疑で告発された当時の担任を不起訴とした福井地検の処分について、福井検察審査会が「不起訴不当」と議決したことが20日、分かった。同様に告発され不起訴となった副担任と校長については「不起訴相当」とした。いずれも15日付。

 生徒は17年3月14日朝、同校の校舎から飛び降り自殺した。町の調査委員会が同10月「担任らの厳しい指導、叱責が原因」とする報告書を公表、同12月に市民団体が元担任らを告発した。地検が19年2月に不起訴とし、団体が検審に審査を申し立てていた。

関連記事