支援を呼び掛ける「丸岡城天守を国宝にする市民の会」のメンバー=福井県坂井市丸岡町霞町1丁目の「城小屋マルコ」

 福井県坂井市の一般社団法人「丸岡城天守を国宝にする市民の会」は、城ファン拠点施設「城小屋マルコ」の4月1日オープンに向け、福井新聞社、福井銀行、レディーフォーによるクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で整備資金を募集している。

 丸岡城を訪れる観光客や城ファンが集う場として、丸岡城天守ふもとのお天守前公園南側(坂井市丸岡町霞町1丁目)の空き家をリノベーションして整備している。

 坂井市や福井県の補助金を活用して改修したが、建物内のコンテンツを整備する資金が不足したため、ミラカナで募集することにした。城ファンが楽しめる空間にするため、資金は全国の城に関する古書や書籍などの購入費に充てる。

 目標額は100万円。3千~10万円の11コースあり、2月21日まで募る。リターン(返礼)は▽城小屋内に名前やニックネーム記載▽オリジナルステッカー▽地元で焙煎したオリジナルコーヒー豆(千~9千円相当)▽城小屋マルコ券(千~1万円券)―などを用意した。

 市民の会副理事長の松江輝雄さん(68)は「コーヒーを飲みながら城談議したり、城について詳しく調べられたり、私たち住民と交流したりする城ファンの聖地となるような場をつくりたい」と熱く語る。

【支援はこちら】⇒お城ファンが寄り合える場「城小屋マルコ」の完成にあと押しを!

関連記事