大学入試センター試験2020の理科2の化学の問題分析速報

 2020年大学入試センター試験2日目は1月19日、理科と数学が行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。理科2の化学の分析は次の通り。

理科2

【化学】

 化学の全範囲から出題された。対数目盛のグラフを読み取って、反応速度に関する式を導く問題は目新しい。

 中和滴定の指示薬と滴定曲線に関する問題、ニッケル水素電池に関する計算問題、有機化合物の合成実験の結果を考察する問題など、全体として、与えられた情報と知識を組み合わせたり、複数の段階にわたって判断する化学的な思考力を重視する内容であった。

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

◇…1日目と2日目の問題分析…◇

【外国語】

⇒英語の問題分析

⇒英語リスリングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

【公民】

⇒「現代社会」「倫理」の問題分析

⇒「政治・経済」「倫理、政治・経済」の問題分析

◇…2日目…◇

【理科1】

⇒物理基礎の問題分析

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

【数学1】

⇒数学Ⅰ・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒化学の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

【予想平均点】

⇒センター試験各科目の予想平均点

関連記事